圧着ハガキのメリットとデメリット

圧着ハガキは、2つの紙の内側に特殊なノリを塗って圧縮したハガキの事です。メリットは、まず、大事なパスワードなどの個人情報が書かれていても他の人に見られない所が良いです。次に、普通のハガキよりも折りたたんでいるので、多くの情報を載せる事が出来ます。また、普通のダイレクトメールよりも開けたくなる心理が働くので、セールの情報などを書いてあると、見て貰える可能性がアップします。デメリットは、普通のハガキより値段が掛るので、費用対効果を考える必要があります。それから、圧着ハガキを利用すれば、必ず見て貰えるとは限らないので、デザインなど工夫をした方が良いです。他にも、一旦剥がしてしまうと再び貼りつける事が出来ないので、誤って開いてしまった場合に困る恐れがあります。圧着ハガキを利用する場合は、メリットとデメリットを考えて利用した方が良いです。

圧着ハガキも種類いろいろ

圧着ハガキとはハガキの一部の面に対して糊を貼り、それを合わせてくっつけることで中身が見えないようにするハガキとなります。このハガキを使用する目的は無論見られてはならないような個人情報などに対して使用されます。さてその圧着ハガキは単に1種類だけが製造されてるわけではなくて複数の種類のスタイルが販売されています。その複数の種類を分別した場合、ハガキそのもののサイズとしてはV型とZ型などに分類されます。これは業者によっては型ではなくて折の表現で使用される場合があります。これら種類はVは普通の往復はがきのように表が2面、裏が2面のスタイルとなります。それを開くとVのように開くからそう呼ばれます。一方でZは開くと3面となります。その販売価格はもちろん2面のVの方が安くて3面のZは高くなります。その圧着ハガキを使用して相手に送る場合に1つ注意していただきたいことがあります。それは温度や湿度の高い真夏などでは糊として使用されているニスが溶けてしまって長期間放置するとはがれにくくなる場合があるということです。その為真夏期に送る場合ははやく剥がすように促す必要があります。

圧着ハガキのメリット

ハガキで何かを伝えようとすると、限られた狭いスペースに伝えたい事柄を詰め込む必要があり、その事柄を必要最小限の量に絞って書く必要があります。また、ハガキは記載内容が露出されているため、第三者に内容が読まれてしまう恐れもあります。そこで、中身を見えないように折り畳んだ状態で発送する圧着ハガキが今、注目を集めています。圧着ハガキは折りたたみ方によってはハガキの二倍から三倍程の量の内容を送る事が可能です。また、内容が露出されている物よりも折りたたまれて中身が見えないという事によって、開けて中身を見てみたいという心理的作用も働き、より内容に興味を持って読んでもらう事が出来ます。この心理的作用こそに圧着ハガキの本当の良さが発揮されています。特に、ダイレクトメールなどすぐに内容を確認しなくても書いてある事がだいたい予想出来るものであれば読みもせずに捨てられてしまう確率も高いからです。